ナベカの放仔

2020/07/19 上関 水温24度

夜明け前に出発し、朝日の昇る頃ビーチに着くと・・・
海の中では、ナベカのハッチアウトが始まっています。

口に含んだ仔魚を、勢いよく吐き出して、
巣立ちさせていきます。

周囲に天敵がいないか見渡して、
大きく体を巣穴から伸び上がらせて・・・

遠くへ向かい、とても力強く放出します。
油断していると、仔魚は、カメラの画角の外へ・・・。
水面へ向かって泳いでいく仔魚を追ってみました。

頭が大きくて、可愛いです。

産まれた卵を守り、放出するのはオスの役目です。

とても鋭い牙ですね。

上関。太陽光が好き。

上関 水温12度

浅瀬から見上げる太陽光が、好きです。

水深1.5mほどの、エキジット場所。

水と光が、とても綺麗な場所です。

フグ。
これ以上近づくと、カメラのポートが、お顔に当たってしまいます。
自分は見つかっていない、と思っているのでしょうか。
可愛いですよね。

帰り道、河津桜が満開でした。

今日も、良い一日でした♡

タチウオまとめ。

2019/12/1  周防大島 中潮 水温16度

3年ぶりに出会った太刀魚の成魚でした。

釣り上げてしまうには惜しいと思うくらい、
海の中の太刀魚は、綺麗だと思います。

この日はイワシが多く、
イワシ玉の中に突進し、捕食しようとする太刀魚の姿を
見ることができました。

魚というよりは、太刀がその形のまま
意思を持っているかのような動きです。

それとも、鳥か、戦闘機のような・・・。
ビュン、ビュンと、上下左右に、自由自在です。

「泳いでいる」というより、「移動している」という表現の方が合うのかもしれません。

ギラギラとした動く刃、
とても迫力がありました。

***

2019/12/5  周防大島 小潮 水温16度

水深9メートル。ライトを焚き海底に座り、
月明かりの光る水面を見上げていると、
太刀魚が、彗星のように現れました。

何体もやってきて、
流れ星のようでもありました。

私が10歳くらいの時だったか、家のそばのローソンの夜空越しに、ヘールボップ彗星を見つけたときのことを思い出しました。あれが、テレビでやっていた彗星・・・と、身近な人工物の向こう側の大自然に、圧倒されたのを覚えています。

その時の感覚と、似ています。
すぐそばに波止場があり、船があり、家があります。
その近く、深くもない、海の中・・・
宇宙のような光景が繰り広げられていることに、驚かされます。

彼らはよく、こちらを見ています。
至近距離で、ギョロッとした片目と、目が合うのです。

自然の中の太刀魚の体色は、
とても美しいと思います。

光の加減によって、ブリキ色に見えたり、

紫がかった色に、見えたりもします。

細やかに動くヒレと、
刀のように真っすぐな体躯は、
趣の違う美しさです。

目の前で静止している時の、
ゼンマイじかけのように精密に波打つ背びれを見ていると、
上等な機械を見ているような、気分にもなります。

宇宙船みたいだなぁ、と、思うこともあります。
人間には設計し得ないような、繊細さであると感じるからかもしれません。

串本(和歌山)に行ってきた!

弾丸で1日だけ、和歌山県串本に行ってきました!

11月18日、水温22度

1本目、サンビラ

2本目 グラスワールド

3本目 住崎

今回は外洋には行かず、浅めの水深での
のんびり3本ダイビングでした。

ナイトロックスを使ったからか、
疲れもなく、快適なダイビングでした!

今回は、マリンステージ串本店さまにお世話になりました。
谷口さん、大ちゃん、佑妃ちゃん、お会いした皆さま、
ありがとうございました!

ぴーちゃん、また会いたいです。

浮遊系/シタビラメの仲間の幼魚

私の中で、一番の浮遊系アイドルといえば・・・

シタビラメの仲間の幼魚!
ちょっと引きで見ると・・・

↑こんな感じです。
紙のように薄っぺらくて、
体長は1㎝超ほどでした。
可愛いと思いませんか?
そう思うの私だけ?

ヒレのあたりから、腕のように出ているものは、腸です。
たくさんの食べ物を取り込むためなのか、
脱腸しています。

なんて不思議な生き物なのか、と、
初めて出会った時に思いました。

まだ、片面に一つずつ目玉がありますが、
大人になって(?)着底すると、
目が片側に移動するそうです(ヒラメなので)。

今年、シーズンが始まってから、
私はずっと、この子を探していました。

今の時期だけ頭の上から伸びている、
長いツノのようなもの・・・
捕食者に襲われそうになった時に、
その突起物を犠牲にして逃げる、とも言われているそうです。

このペラペラに薄い生き物は、
暗闇の中を、右にピロピロ〜、左にピロピロ〜、と、
泳ぎ回ったり、

ペローンと、ただ流れに乗って浮遊していたり、

片手でカメラを持ってファインダーを覗き、
もう一方の手は空に向けて、ドライスーツの浮力調整をしながら
しつこくシャッターを切り続ける私に、

いい加減にしろ。という顔を向けて、

去って行ったのでした。

何分一緒にいたのかな。
15分くらいかな。
ありがとうね。

日帰り柏島❤️

日帰りで、高知県の柏島に行ってきました!
SHOPはSEAZOOさんをご利用させていただきました。

日本で見られる魚の3分の1、
約1,000種類の魚が棲息していると言われている柏島、
今回は黒潮があたり、透明度が30m!
楽園のようでした。

それでは、LOGです。

水温25〜26度
1本目 後浜2

ダルマハゼ

ヤマブキスズメダイyg

ハタタテハゼ

アワイロコバンハゼ

ホホスジタルミyg

フリソデエビ

2本目 勤崎

スケロクウミタケハゼ

クマノミのベビー

ソメワケヤッコyg

クマノミ

ノコギリハギ

ゼブラガニ

スケロクウミタケハゼ

ガラスハゼ

3本目 後浜1

スジグロガラスハゼ

チシオコケギンポ

ミナミギンポ

スジグロガラスハゼ

イレズミハゼ

イレズミハゼ

アカハチハゼ

オトメハゼ

スジグロガラスハゼと卵

マクロ派にはたまらない、
たくさんの可愛い生物たちが、たくさん!
とても楽しかったです!

次回は、いつ行こうかな。
帰る頃にはそう考えているほど、
面白い海です。

お世話になったSEAZOOの皆様、
ご一緒させて頂いたゲスト様方、

ありがとうございました❤️

浮遊系/赤目のシャコ

2019/10/15  レモンの森 水温23度

赤目のシャコの幼生の瞳は、ルビーみたいに
綺麗です。

シャコの目は海の中の宝石だなぁ、と、
私は常々、思っています。

緑の目のシャコが多い中、
赤目の個体は、今日は一匹だけでしたが、

長い間 カメラの前で、
いろんなポーズをしてくれました。

この日は、ストロボに電池を入れ忘れ、
浮遊系の撮影は無理かなぁ、と、残念な気持ちでしたが、

ライトの光だけでも我々は美しく写るよ!
と、このシャコに言われているような気がしました。

アワサンゴのプラヌラ幼生

レモンの森 水温23度

風が秋らしくなってきた今日この頃、
プラヌラ幼生の観察も、終盤に差し掛かってきました。

ポリプの真ん中から飛び出した
黄色いプラヌラ幼生が、
アワサンゴの森の中を彷徨っています。

上を向いたり、下を向いたり、

流れに翻弄されながら・・・。

いつ着底するのか分かりませんが、
きっと大きくなって、
このアワサンゴの森を賑わせてくれることと思います。

夜光虫

魂のような、夜光虫の軌跡。

暗闇の中 手を振ると、
絡みつくように発光します。

青白い光は、イルミネーションのように
幻想的です。

瀬戸内では、夏から秋にかけて、
夜光虫が増えてきます。

前を行く人のフィンがキラキラと光り、
青白い波の形になります。

多い日は、海藻に付着した夜光虫が、
波に揉まれて、クリスマスツリーのライトのように・・・

チカチカと、点滅します。

アワサンゴのプラヌラ幼生

お盆明けくらいから、
アワサンゴの中に、プラヌラ幼生ができ始めました。

黄色いつぶつぶ、アワサンゴの赤ちゃんです。

例年、9月の半ばくらいからのイメージでしたが・・・
少し早い秋の訪れを、楽しませてくれています。