浮遊系/シタビラメの仲間の幼魚

私の中で、一番の浮遊系アイドルといえば・・・

シタビラメの仲間の幼魚!
ちょっと引きで見ると・・・

↑こんな感じです。
紙のように薄っぺらくて、
体長は1㎝超ほどでした。
可愛いと思いませんか?
そう思うの私だけ?

ヒレのあたりから、腕のように出ているものは、腸です。
たくさんの食べ物を取り込むためなのか、
脱腸しています。

なんて不思議な生き物なのか、と、
初めて出会った時に思いました。

まだ、片面に一つずつ目玉がありますが、
大人になって(?)着底すると、
目が片側に移動するそうです(ヒラメなので)。

今年、シーズンが始まってから、
私はずっと、この子を探していました。

今の時期だけ頭の上から伸びている、
長いツノのようなもの・・・
捕食者に襲われそうになった時に、
その突起物を犠牲にして逃げる、とも言われているそうです。

このペラペラに薄い生き物は、
暗闇の中を、右にピロピロ〜、左にピロピロ〜、と、
泳ぎ回ったり、

ペローンと、ただ流れに乗って浮遊していたり、

片手でカメラを持ってファインダーを覗き、
もう一方の手は空に向けて、ドライスーツの浮力調整をしながら
しつこくシャッターを切り続ける私に、

いい加減にしろ。という顔を向けて、

去って行ったのでした。

何分一緒にいたのかな。
15分くらいかな。
ありがとうね。

日帰り柏島❤️

日帰りで、高知県の柏島に行ってきました!
SHOPはSEAZOOさんをご利用させていただきました。

日本で見られる魚の3分の1、
約1,000種類の魚が棲息していると言われている柏島、
今回は黒潮があたり、透明度が30m!
楽園のようでした。

それでは、LOGです。

水温25〜26度
1本目 後浜2

ダルマハゼ

ヤマブキスズメダイyg

ハタタテハゼ

アワイロコバンハゼ

ホホスジタルミyg

フリソデエビ

2本目 勤崎

スケロクウミタケハゼ

クマノミのベビー

ソメワケヤッコyg

クマノミ

ノコギリハギ

ゼブラガニ

スケロクウミタケハゼ

ガラスハゼ

3本目 後浜1

スジグロガラスハゼ

チシオコケギンポ

ミナミギンポ

スジグロガラスハゼ

イレズミハゼ

イレズミハゼ

アカハチハゼ

オトメハゼ

スジグロガラスハゼと卵

マクロ派にはたまらない、
たくさんの可愛い生物たちが、たくさん!
とても楽しかったです!

次回は、いつ行こうかな。
帰る頃にはそう考えているほど、
面白い海です。

お世話になったSEAZOOの皆様、
ご一緒させて頂いたゲスト様方、

ありがとうございました❤️

浮遊系/赤目のシャコ

2019/10/15  レモンの森 水温23度

赤目のシャコの幼生の瞳は、ルビーみたいに
綺麗です。

シャコの目は海の中の宝石だなぁ、と、
私は常々、思っています。

緑の目のシャコが多い中、
赤目の個体は、今日は一匹だけでしたが、

長い間 カメラの前で、
いろんなポーズをしてくれました。

この日は、ストロボに電池を入れ忘れ、
浮遊系の撮影は無理かなぁ、と、残念な気持ちでしたが、

ライトの光だけでも我々は美しく写るよ!
と、このシャコに言われているような気がしました。

アワサンゴのプラヌラ幼生

レモンの森 水温23度

風が秋らしくなってきた今日この頃、
プラヌラ幼生の観察も、終盤に差し掛かってきました。

ポリプの真ん中から飛び出した
黄色いプラヌラ幼生が、
アワサンゴの森の中を彷徨っています。

上を向いたり、下を向いたり、

流れに翻弄されながら・・・。

いつ着底するのか分かりませんが、
きっと大きくなって、
このアワサンゴの森を賑わせてくれることと思います。

夜光虫

魂のような、夜光虫の軌跡。

暗闇の中 手を振ると、
絡みつくように発光します。

青白い光は、イルミネーションのように
幻想的です。

瀬戸内では、夏から秋にかけて、
夜光虫が増えてきます。

前を行く人のフィンがキラキラと光り、
青白い波の形になります。

多い日は、海藻に付着した夜光虫が、
波に揉まれて、クリスマスツリーのライトのように・・・

チカチカと、点滅します。

アワサンゴのプラヌラ幼生

お盆明けくらいから、
アワサンゴの中に、プラヌラ幼生ができ始めました。

黄色いつぶつぶ、アワサンゴの赤ちゃんです。

例年、9月の半ばくらいからのイメージでしたが・・・
少し早い秋の訪れを、楽しませてくれています。

ニジギンポのハッチアウト3

卵保護している父親が、
パタパタとヒレをはためかせ、
ハッチアウトを促します。

昨日よりも卵が減っていますが、
まだまだ、ハッチアウトの観察をすることができました。

カメラのレンズを通して見ると、
ピントが合っているときは、
ハッチした瞬間、仔魚の目が、キラっと光るので、
迷わずにシャッターを切ります。

水温21度〜24度で、卵がハッチするまで、
7日〜13日くらいでしょうか。

まだ産まれたばかりの卵もあるので、
観察を続けてみようと思います。

ニジギンポのハッチアウト2

今日も、ハッチアウトしていきました。

ギラギラした卵が、まだたくさん残っています。

ライトに反射して輝くゴールドが、
とても綺麗でした。

ニジギンポのハッチアウト

レモンの森 水温23.7度

60分以上、じっとしていても、そこまで寒さを感じない、
それくらいの水温になってきました。

暗闇の中、数匹がハッチアウトしていきました。

まだ黄身の残った卵が多いです。

いつハッチアウトするかな・・・。

金魚提灯祭り/柳井

皆、同じ顔の金魚ですが、カメラのレンズ越しに見ると、
表情が違って見えるので、不思議です。

月夜と金魚。一匹こっちを向いてくれました。

近寄ると、和紙の質感が見えてきます。

夕暮れ時の金魚は、
群青色の空をパタパタ泳いでいるかのようです。

宵闇の中の金魚たち。

水面に映った明かりも、綺麗でした。