アミメハギの卵保護、ハッチアウト。

2022/07/17,18,23 山口県周防大島、水温20℃→21℃

アワサンゴの森に向かう途中、至る所にアミメハギがいるのですが、
今の時期は、多くの個体が卵保護しています。

お母さんアミメハギが、甲斐甲斐しく卵のお世話をしています。

個体差はあるかもしれませんが、そーっと観察していると、
何度も卵にキスする姿を見ることができます。

卵に付いたゴミを取ったりしているのでしょうか。
とても可愛らしいです。

↓は、前日撮影した同じ卵ですが、この時はまだ、翡翠のような色をしていて、しかも透明感がありました。

それが、次の日には あっという間に黒っぽくなっていました。
おそらく夜にはハッチアウトするのではないかと思われました。

しかしこの日はナイトダイビングに行けず、↑の卵の観察はこれまで・・・。

さて、その一週間後にナイトダイビングをする時間があったので、熟れ時の卵はあるかなぁと、日没後にエントリーして探してみると、先週と同じくらい熟れている卵を見つけました。

辺りが暗くなりかけてしばらくすると、お母さんアミメハギのヒレの動きに合わせるように、稚魚が1匹ハッチアウトしていきました。

最初の1匹がハッチアウトした後は、パラ、パラ、パラ、と・・・、

糸のようなキラキラしたものが、飛び立っていくのが見えました。

とっても感動しました。

先週あたりから、卵をたくさん見かけるので、いつまで産卵が続くのか、これからも観察してみようと思います!



生物達がソワソワとしていて、
夏がやってきたなぁ、と実感しています。
皆様のお越しをお待ちしております💕

*********
*********

✨瀬戸内アワサンゴの森✨スライドショー